時計 ガガミラノ 離れてトリック ‘ポンポン’フロントエンドグラム砲撃出拳

時計 ガガミラノ 離れてトリック ‘ポンポン’フロントエンドグラム砲撃出拳。
ブロックは間違いなく欠点である場合にも固まる主にGを終わらせるので、あっさりと自分の目の前では特に少ないカスティーリャ火災の立場

、彼の側を引っ張って、このトリック自身の言葉を参照してください。
“ああ!グラムを終了するには、あえて!”
少しサントは叫んだことを、明らかにまた、これは実際にカットカードを详细彼の最後のGがかかるだろうとは思いませんでしたが、さらに驚

時計 gaga いたとgの終わりに向かって恐怖が叫んだ。
gは彼に泣きに行くために継続する機会を与えていない残念なことに、最後で、この男は、実際にも、上失わ王の方向に彼をパンチする。
任意のサスペンスせず、 ‘ポンポン’胸でヒット、さらに、特に火災、さらにいくつかのクリックの王であるためには、しかし、特に空離れて

gagaミラノ火の中に死ぬ。
バンは、木の鳥をスパーク、砂ララは、葉の音と音のバースト。
それがあっても音の近くに地面に横たわって劣らサントの寿命は、ない闘争ではないです。
王はまたことを期待していなかった、これが本当に最後のグラム冷酷な男であっても、独自の ‘マスター’でそう、我々はそのような人の危険

性を見ることができます。
これは地獄はかなりだ、危険すぎるので、今日は、最後のグラム休業をしなければならないようだ。
さらに驚くべきことであるように王は、彼はあること彼の予測にぶら下がっていたものの、彼は偶然、特にサントでその小さな火を、殺された

ということですが、それはあなた自身を得るためにここにあると思いませんでした。
これは驚きです。

件名を変更しました ガガミラノ 腕時計

のように、彼は微妙に、件名を変更しました ガガミラノ 腕時計
“しかし、今回我々は、理由もなく十分な私たちの兄弟への旅行のためにこれらの無実を取得し、長時間のピンクのシャツは私を望んでいなかったことを知りません、行きませんでした。”
“真の、本当の、我々はそれを決定するために、お互いを見て、または頭ひどく、放出を指示することができるだろう、そう私たちは昔のメリットを引き出す聞かせ、私は緑の少女に数緑の帽子を与えるために準備ができているかわからない!”
“ハハ、私の思考は少なくとも19、そしてあなたの子供は行かなかった19日を持っています!”
……
ガガミラノ激安 残念ながら、これらの王が聞いたことが残っていた遠くであり、自己修養のために、そうそれに近いが、クリスタルクリアに耳を傾ける。
しかし、ほんの少し主人にメッセージを送った背中が、王が考えることが、それが今夜は静かな夜ではないようです、でも、戻っていないことはそれほど単純ではありません誰かわからない。
ガガ 時計 火災、サソリや他の人々を脱出するために残してこんなに遅くと思ったが、我々は、これらのトリッキーなことに直面している、といくつかの意味。
“火スコーピオン、少ないサント?”
二人の男性と考えるべきキング、それがトリガ笑顔口だった、ノボ小児の精神であれば、この男は全体の人のアイデアを考えたことを知っているだろう。
これらのことは、王は、人々は準備ができているので、あっても無駄も言わなかった鉄になるつもりはなかった。
暗い夜を見て、王は誰がこれらの人々は、暗闇の中で人々は、独自の方法で外に、そこに獰猛な獣の前にあるように見えた。
王鉄は、人々が出入り、結局のところ、あなたがなりたいが、私は思ったパス、または道路の安全性を取る

ガガミラノ あなたの人々を殺す!

それにもかかわらず、まだ人々の邪魔に鉄をそこに直面している弱さではないセント、臆面もなく、叫んだ。ガガミラノ
“あなたの人々を殺す!”
鉄の言葉に反応してわずかな感情なしで、彼の肩を持って手を持っている人の真ん中。
“今、私たちを殺す、理解するために、1つを与えることができますか?”
ガガミラノ 時計 そこに鉄には隠れ家がないと聞くと、彼は本当に、彼の次のキラーに誰であるべき独自の国境の町には、この時間を知っていませんが、砂は非常に慎重であり、常に控えめな行為と、いくつかの部隊を怒らないようにしてください。
“ああ、死んでは知っている必要はありませんが、二人はそう簡単に自分を殺すわけがありません。”
黒人の真ん中は目が鉄で掃引され冷たく冷笑、当然のことながら、ここには王ではなく、彼を見るために人々の行の前に、王が森の中に静かに浅くなるので彼は誰かそこに表示されませんでしたがあるべきと考えているためです。
7最低修理先天中期ものの、7人々はそれらに対処するのではなく、単に使用することを唯一の場合、最大の修復は何も後半マスターそれの真ん中ではありません。
これらの人々はここの人々するランダム王を解決することができない、これは強度の面で人々の王にすることはできませんが、それらの人々は食べ物を送ることです。
したがって、移動後そこに背中の王と考えることが、そうでなければ、これは彼らのドラマ出少し実行されません。
だから、彼は森の中に点灯し、私たちは誰の背後にこれを見て必要がありますか?
gaga 時計 王は大胆なアイデアであった、人々は彼が知っていた隠しを持っている必要があり、これが唯一の感覚ですが、会計グラムの終わり ‘は、レストランに恐れてはいけない “ということですが、

てガガ ミラノ いたことを知っていた

若いマスターの顔が、私は彼が怒ってガガ ミラノいたことを知っていた。しかし、なぜですか?何が深刻であることは深刻ではない?なぜ彼らはダムファンをプレイしたい。頭がああ、混乱です。なぜ私が真ん中に巻き込まべき、私は良いか悪いかをしたくない!私は、私が言っているかと思います少なくとも順序で維持し、若いマスターの関係は、私が立ち上がる必要があります。

フー泉魏、私は私が行くことはありません何!あなたがそれらを模索しなければならないのはなぜ言わない? “日

あなたはみんなの前でばかを再生する必要がある場合蘇雪。?あまりにも多くの人々がありますが、学校でアイライナーを入れた。物事は私たちが何を知らないのか?

私はおかしくなりそうだ。私は彼とどんな事が起こったの間であった。私は方法がわからない?しかし、 “オリジナル”の周りの人々に加え、壮大な外観を見て、私はすべてを明確に選択しない場合、ことを知って、私はこの誤解がダウンのようなものになります怖い。だから、自分で過去のフー泉魏のために申し訳ありませんが、いくつかの助けを借りて、我々は彼の心をオフさせることを選択することができます。

“私はばかを果たしていませんでした、と私はあなたが間違っている場合、私は唯一の私は申し訳ありませんが、あなたが要件を言及、私は満足することはできませんごめんなさいと言うことができ、あなたの誤解のことをします何しないでください。”

マスターの腕は石の私の心は地面からと考えることができ、リラックス。フー泉魏は、このようなトラブルがあったが、私は一つのことを確信しています。私は何フー魏マスター誤解になりたくない。

私たちの間に物事がウインクルイコスタリカに向け全員の議論の前に出てはならないことを、おそらく若いマスター、ルイコスタリカは、シーンをクリアするために始めました。しばらく努力、若いマスター、フー泉魏と私の残りの部分だけではまだ非常に活発な屋根。

“雪はおそらくフー少ないまた、私は少なくともあまり考えフーしたい、理解する耳を傾ける。フーのでそれが起こっ少ない今日、私は歓迎レセプションを行う必要があり、いくつかの、このような活発な全体フーは、数が来て、食べて、その後行くために少し何かを飲む!私も友情のすべての家主を数える。 ”

“あなたは本当に、決して外で物事を行うには、ガガ 時計決して言わないようにしたいですか彼あなたは彼があなたのものとを取る何を参照してくださいので、トス、また:??フー泉魏は単にマスターは私だけを見つめて、言った無視あなたがそれらの人々があなたについて考える方法をどのように表示される?彼は3年間、離れてを無視する国にあなたを投げ出すと思いますみんなにあなたが前には私だった!あなたがなぜ私はいつもあなたの側で滞在理解していない、表示されないのですか? ”

“マスターは私を投げされていない、彼は、彼が米国で勉強しようとしている、と彼が戻ってきましたが、私はそれを知らないし、彼は意図的に戻って来ることはありませんしませんでした….​​..”

“雪、あなたと彼は、彼らが使用していない、あなたは堂々福、大小は何に嫉妬に目がくらんでされて表示されていないと述べた?雪ああ、私は本当に自宅であなたにこれをあなたを後悔フックレプラコーン! ”

彼が戻ってきたので、少し自己満足をマスター、私は彼の顔に快適な笑顔を見るのは初めてだった。彼はそれをなめるかむだけでどこにも私の唇にキスをしても、フー魏の前に、終了しましたが、。

“私は申し訳ありませんが、あまりにも失礼だ。”

私は彼が妙に完全に依存落ち動く演技を開始しました。ただ、顔、頭を下にフラッシュ。

“Chutianハオ!”

私は、まだそこに恥ずかしがり屋のようだった、フー泉魏がパンチ若いマスターの顔に向け呼び出すまで洗浄した、マスターの顔は私の顔から離れていた、彼は浙江省Yiquanをフラッシュ私の顔に収まっている必要があります。私の心は若いマスター無意識のうちに逃げるでしょうにしがみついてまで、私は待っていなかった、と私は確かに大きく、これは精神的にパンチを用意していると考える誰の長い行進を終えるであろうが、また聞いた肉にパンチ音。それはとても近いのでから。

私は目を開けて、彼の腕の中で私の若いマスターの背中を守るために武器を見て、怒りフー魏の外観への権利。右の若いマスターは、彼の顔、口ストリーミング血液にやや青マークが付いています。それがどのように重い見える哲Yiquan、どのように冷酷な。

私の心は考えるためのタイトな、涙がほとんど降りてきた、時間です、首のスカーフは、若いマスターが慎重に口の端を拭きました、ダウン巻きされます。

しかし、このようなとDalie嘘があまりにも面白い痕跡方法、私​​の首がフー魏の前に表示されます。それは誤解しやすい、実際に誤解ではありません。それは、最後のステップの間の唯一の違いは発生しないため。最後のステップは、単に時間の問題です。

“福Quanweiので、雪の後のものはないと、雪の中で顔があっても、物事は今日。哲Yiquanはたとえ雪の世話をするために3年を返済するかどうかを確認したが、戻って私ChutianハオLoのフーはあまり気に!フーはあまり飲みたくなかったので、ここで食べていき、私は送信されません! ”

フー泉魏へ “ガガミラノ激安あなたチューはまだこのように閉じ込められている時代人は少し過度に感じることはありませんが何か?”マスターは、左

。ガガミラノ 一見 “を残すことはないことを目指していない

フー魏の意味を残すための右に遠かった。ガガミラノ一見 “を残すことはないことを目指していない”。

我朱家眠い雪なら?あなたのロジックのこの種?の父の正式な採用は、どのような違法私の家族の中に閉じ込めを意味します “ではない場合雪はもともとマスターはおそらくそこそこ広げに、ガスフクエン偉のことです首は私が彼の口を拭くためにお手伝いをさせて、フー泉魏はまっすぐに、私の手はプッシュになり、言うことを聞いた。

“また雪が採用されていることを言った、彼女はあなたの妹です、あなたは何をすべき彼女の妹に何を兄のように見えてるのは恥知らず下流!スノー恐れることはありません、あれば、私の祖父は、来私はあなたの事を入れて、彼は言った、彼はあなたを見てみたかった、私は私の祖父がチューファミリーのあなたを取得する方法を持っていたと思います “福泉魏若いマスターに向け大笑いした後、私に希望の外観を見て、彼に言うここで真の目的へ。

Chujiaのアウト?言葉がそこに私に衝撃を与える。元フー魏に対する権利は、特にチューの私を出すために彼の祖父に会いに行った何でここに行った。私が外に出て何をしたいチューファミリー?それは私も考えていないものだ。ているかのように、マスター以来、私は戻って食料や避難所を救った、私が今までチューファミリーを取り除くためにと思った。話をし、藩主、若いマスターに自分自身をあきらめ、ある事を、返済するために、独自の終わりを知っている。しかし、それはまた、若いマスターは私一度たくない場合、つまり、去ると考えられている。しかし、私はこのことを考えるたびに心痛を伴っている。

さて、フー泉魏も、彼は私にチューを助けたことを提案した。なぜですか?なぜです?

私の心はたくさんのような瞬間が、なぜ彼は無意識のうちに尋ねていたにしたくない。

“なぜ?あなたも、なぜ私に尋ねる?私はあなたを好きなので、ので、ああ!”
魅力的な第59章
フーQuanweiは、ガガミラノ 時計彼の言葉は私がそこに突然滞在作った彼が私を好きだ。それはどのように可能ですか?あなたは冗談です!彼はどんな理由を口にこれだけと考えている可能性があるが、私は信じていない。初めから私は知っていたので、彼は若いマスターが私になりますを見つけるために厄介だった。彼はそれを自分自身を言って、今、彼が、私は若いマスターの顔の前に言ったように。これはまた、彼はぎこちない若いマスターを探していた方法でなければなりません。

私はフー権魏のブレースを食べることであれば、 “それを信じていないその後、私はあなたに蘇雪が聞きたい:私の顔が式を信じていない、フー権魏顔傷害の発現を示す、と素早く回しが曇っ日陰になってくださいその後、より多くのものは、私が中学校に早期に学んでいた三年間を読んで、あなたの周りに同行しないのですか?でも、高校で続けるためにあなたと一緒に行くかあなたが既に知っているされていない、それが立っていた? ”

“いいえ!、私はあなたが早期に、ライオン私より年上の知っていたと私はあなたが長い間、高校のカリキュラムを読んだ後、私と高いIQよりも古いと述べた。あなたも、すべてに私にあなたの答えを与えましたかトラブルの若いマスターが最初に私に出て見つける見つけるために、そう、私は思った….​​.. ”

“あなたは思いますか?蘇雪の場合は、彼の前に馬鹿をプレイしたい理由は?私はあなたがすべての意図のために支払うことを感じなかったとは考えていない、あなたはそれを感じることができないのですか?”

私が感動。私はそれを感じませんでした、なぜ私の良い、ばかを再生したくなかった。ただ、ただ、私の小さな心が収まるように小さすぎる。

私は何も言うことは、希望の笑顔を明らかフー泉魏顔を持っていない、マスターは彼の唇をすぼめ。彼はもう一度私に抱擁。

雪がまだ小さい場合は、 “あなたは、とても少ないフーをしてください、何を教えていないか、ミスリード彼女の十分な雪がないと私は物事を持っているので、Fuは小さいか、ただ雪がまた非常に明確に述べ、それを返してください可能性があり彼女は行くことはありません。 ”

“はいああ、フーQuanwei、あなたはまだ戻って!”

“まあ、私は戻りますが、あなたは楚の家族を残したい一日あれば雪があれば、私に来て!”じゃあ、残して振り向い:フー泉魏は深く私を見た。

左の空の屋根と二人の若いマスターは、空のペットボトルの山を残し、もちろん、ボトルがたくさんある、なぜなら関係の始まりの前に、バーベキューは、多くのことを残しました。私は恥ずかしさで何をすべきかを知って、この時間は私は突然若いマスターと二人きりで一緒に取得することはできません。

“まあ、私は人々がクリーンアップするために探しに階下に行ってきました。”

“行かないで!”アームマスターは引っ張った。 “私はすいて、食べていない、多くの人々が不快けんか、我々は、ちょうど2つ残ってしまった!”すると、他の人が忘れてしまったグリルラック側第1棚に行き、食事を取ったの周りに行ってきました、焼いクリーンDounong黒焦げ、さておき投げ、その後食材、ブラシ、オイル、焼きにフォーカスを入れている。

私は少し彼の目を遮断する、gaga 時計長い前髪の子供たちが落ちる彼の弓のために彼を見て立っていた。最後に彼のために私の気持ちはどうですか?私は彼の少し怖い、といくつかは、彼と、いくつかの…彼に合わないことを心配した。私自身の混乱に非常に複雑で、複雑な

ガガミラノ 時計 レディース 私には私は単純であっても根拠は彼女を無視し

私は彼女が皆の前で私に何を打ってみましょう?もちろん答ガガミラノ 時計 レディースえはノーです。氷は彼女の世界であり、今では私の足が地面であるため、彼女は、私が最後の氷の上に落下させるための理由。彼女前進バヤン激しいステップは、体の半分は彼女の肩送信を打つ、彼女は戻って、いくつかのステップの準備をしなかった瞬間ではなく、他の人が後ろに立っている場合、彼女は地面に落ちた。

彼女の前で私を辱めるたかった、私は、私には私は単純であっても根拠は彼女を無視し、この時間をオーバー急いでも、彼女の顔の途方もない損失、怒ってばかりの会社を感じさせてくれた軍を受け入れる準備ができていた、彼女は私にヒットしませんでした、突然横に、足が動かなかった、私にヒットしようとしているとき、彼は私の足につまずいていた、この時間は、彼女はとても幸運ではありません、容赦なく落ちた地面。

私は彼女を見ていない、行ってきました携帯用のインキュベーターに行きました、背中合わせに、ビール2本を取った。 “これは私が復讐の上に落ちた秋が最後のあなたに報告されて覚えておいて、少女はあまりよくありませんいじめに育った。!”そして立ち上がって、向かって見上げた:彼女のスクワット体を渡すマスターは壮観に見える。ボトルの一つと若いマスター、別のボトルと利きルイコスタリカにそれを与えた。ルイコスタリカ等と競合は何の関係も持っていないかのように。

チューは、教える?将軍! ”

“あなたは何をあなたの妹を見ていないですか?”私はまだ若いんだ、助けることがものを尋ねることはできません。

コア兄は笑っ: “女の子をああ、しかし、時間に…ハハ、彼女をコントロールしていない、彼女の事は私は決して介護、彼女は非難するだけで自分自身だったもちろん、誰かがはるかに良いショットをより良い撮影しました。”言葉でたんだろう、若いマスターに見えた。

私は若いマスターほんの少し心を持つ学生でぼんやり立っているためにまだだけど、そのうちの2残したい。釣りにマスターバックの手によって移動。

脇に彼の他の手 “蜂蜜、どこへ行く、!私と一緒に”と、それを伸ばして、すぐに彼に、私はただ食い物にされたスカーフを手渡した。彼はスカーフを私に再ラップするつもりさておき、そのボトルを置く。

“そして、これは必要ですか我々は、すべての参照してください!”私は少しの忍耐をする。

“さあ!”

私は自分自身を拒絶、それでも私は彼が素直にスカーフましょう。

“Chuさんは、ああ、私はあなたが彼女の体アラブの女性は服を着てもらうべきだと思う。”ルイコスタリカ、笑顔で声の側に立っていた。

私は、心の中で彼が言ったことの意味を想像して若いマスターは、彼の発言を否定するだろうと思った、誰も考えなかった….​​..

“あなたは1つがちょうど彼女の目に気づいたい意味する!”

コア弟は助けるが、ただウンチが出てスプレーし、そのガガミラノ 正規店後咳ビールを飲むことができませんでした: “私は本当に感心ケケを務めた….​​..!”
第57章フー泉魏はあなたのドアをノック
マスターのまぶしさを超えてコア兄の笑いと咳が、仲良くするために彼の若いマスターを見て、あなたは彼らの関係は一般とは異なることを知ることができる。しかし、彼は唯一の若いマスターだったので、また厳粛に人を紹介してくれただけでなく、単語 “兄弟”に続いて。

“私は笑っていない、私は笑ってないようにしよう、私が笑ってないようにしよう、ハハ!”

マスターグレアが有効ではありませんが、ルイコスタリカはついにハハ大笑いした抵抗できませんでした、私の胸をカバーするには非常に慎重に若いマスターを参照してください。

“私はあなたが行くためにアラブのローブを探してあげる!”

“ブラザー!”​​顧みられない人は不幸な顔、やって来た。彼女はいつも私に話していたが、私は彼女が本当の生意気だと思います。私はちょうど起こったようなことをやる、それは上に来ることはありません。

コア兄が手を介して彼の妹を見て笑っていた、笑顔、真剣な顔: “スノーミスに謝罪!”

“ブラザー!”​​郭は確かにしたくない、ロングトーンを取り、郭瑞は台無し。

“お詫び”は狼が来る、と非常に怖いコアGESAから期待していなかった。

彼は彼の姉妹のように凝視で叫んだ、なぜ若いマスター、私は少し理解し、彼は良い関係を持っていた。単にあまりそれが好き!実際のケアのように厳しい、極めて懸念している。なぜ私はこのような気持ちを持っているのだろうか?

私は郭、神で歩いそれはとてもうるさい周りに音を聞くので、私は私が持っているときに6の目が私を見つめて、三人の男を見て、回復しなかった謝罪と呼ばれる蚊のように思えたいくつかの状況を混同しないでください。

ああ? “何?”

“私はあなたに謝罪!”郭歯は、私はそれは非常に騒々しい強打を叫ぶ。

“ああ、、、結局のところ、あなたに恥はありませんませんが、”私は何気なく言った。ガガミラノ 通販彼は郭激怒見て、いくつかのねじれた顔をしていたときに自分の上に私の意識が笑顔コア弟反撃、言われるまで待って、表面上の穏やかな現実には若いマスターの思考ではわかりません。

郭はついに冷酷、不名誉でここに立っていることに気づいた

風のガガミラノ マヌアーレ 、これは彼がベルトアクションの下に止

タイトな首を夢中。私の露出した皮膚の上に掃引涼しい風が吹いて夜風のガガミラノ マヌアーレバーストので、私は助けることが身震いすることはできません。

彼は口の笑顔が浮上している、と感じたが、これは彼がベルトアクションの下に止めることはありません、私は屋根の端に行ったので、彼が開催しています。ただ未満1メートル中空刻まれた低い壁の厚さの端を組み立てるが、50センチメートルのように、彼は低い壁に直接私を置く。手は、私の腰まで移動私にに保持していない、と引退の私を出す。

“私が行くためにあなたの休暇を取り、それを信じるかどうか?”

“しないでください!…信じていない”はちょうど私のおびえた表情を見たいと思って若いマスターを知っている、ハードガスを見せたかった、彼はそうさせたいのですが、暗黙の言葉が私の恥ずかしさを漏らしていませんでした。私の言葉を強化して、より説得力のあることが、私はそれを私と一緒に補完されるようになった。 “私は気取っ秋に入れている、他の人は私が誰もいなかった。また首にこれらのマークを持っていると私はメイドの制服を家に着ているのですか?乱れ、唇が壊れている、と言うだろうが、私はチューホームがないと思う無名の、そうでないかもしれないニュースで、紙か何かで、しかしまたそれは、長い単語をブロックすることができます。 ”

私は私に対してどのように女中と仕事に出てチューニングかどうかを確認するために陵の歯は歯に良い! “彼の手に出続けると彼の推力をキャストするために、私は彼の足は彼の腰をクランプで苦労していた方法はありません。密かに嬉しいが、幸いにも私はいつも練習しています。誰も彼が突然フーXiashen子供の歯が私の前開きブラジャーボタンを開けた後、奇襲攻撃の側に直接かまだと思っていないので、私は悲鳴を抑えることができませんでした。

この小さな叫び悲鳴、または動きを聞いて階下の中庭に滞在、彼らは総称して見上げると、シーンの屋根を見ました。

私は最終的にマスターの意図を知って、涙が落ちる彼の目のコーナーから止めることができなかった。私は彼の目の前にない自尊心を持っていない、と彼はない自尊心、皆の前で私を聞かせすることを計画している。彼はそれをやった!

彼の目的は達成され、低い壁、床の上に保留から私を取って、彼のコントロールから折れた。私は開いて壊し、同様に彼がリリースするためのイニシアチブを取ったことを言うかもしれない。私はブラジャーケリジャケットのボタンを引っ張る11バックルバックルスカート、自分の服を片付けるまでしか彼の頭、期待の涙秋まで住んでいない、私は彼を見ていない、泣きたい良いですが、いくつかは食い物にされて、スカートはロープない、単にフルコートすることはできません。

投げるための衣類の一部、私は無意識のうちにキャッチし、黒のTシャツ、マスター。ガッツは、私は彼を見上げ、彼は、肌を露出させ、同じ黒のベストを着ていた同じことがまた傷の一つことを明らかにした。だけ動揺して、私は彼に怒ってなければならない、あなたは彼を憎むべきで、あなたは私に狂ったの傷跡を見ることができますし、見つける方法さえ嫌い見つけることができません。

“その上に置いてありません!”さえない笑顔、怒りの感情に似た衝動の痕跡をも、トーンは非常に堅くなっています。

私は自分自身がつぶやいに考えた:私を辱め、大丈夫?あなたはどのような厄介なの大丈夫怒っている? !しかし、状況が押している、私はまだその黒いシャツの上に置く。彼の暖かさと彼の味。

階段の下に置くために衣類の部分を見つけるために部屋に移動します。 ”

私は地下室にものの外観を下にしたくない “私はそのような制服を持っ腕時計 ガガミラノている”、と見て物事階下の屋根の上に、一階まで通って一つのことされて行くことにバインドされていますが、このようなダウンの人々が見ることは別の問題です。

“あなたは私の死を入れて!”

次の瞬間、私は腕をまわすための強力な腕だった。私は階段を下り彼と一緒に行くように。それは若いマスターが部屋はそのオリジナルであると述べたことが判明した。

“実際には、ここに戻って服を変更するには、私はあなたに戻ってそれを覆われていないだろう!”オリジナルの部屋にあると見つけられる、私は彼に戻ってで覆わシャツをマスターしていきます。

ガンナダウン、自宅で今日あまりにも多くの部外者を試して、あなたが他の人が見ることのために露出しようとされていない? “と言って、また、私は、誰かが意志、部外者に囲まれているかのように、ルロンシャツのスカートを着てそれを与えるシャツは乱れを参照してください。

理由がわからない、私は彼が言うのを聞いた、と彼の余分なアクションが、突然私の涙と悲しいを拭った。

彼は前のように、クローゼットに向かって直接オフ、シャワーを浴びると汗を行く “そして:私がプッシュの内側に突然、ドアを開けた。おなじみのシーンの前を見ると、私の目には、パントテン酸を始めた。

また凍結し、行くとシャワーを浴び、あなたは私があなたを洗いたいか? ”

彼が言うのを聞いて、私はすぐにトイレに走った走った。 、シgagaの時計ャワーのみで浴槽に水をオンにする時間がありません。私はバスルームのドアの下にパンティーまでストリップするとオープンしました。

“あなたは馬鹿、と下着を忘れてしまった….​​..談話は突然切り捨てられ、

gagaミラノ 足音を聞いた後

私は背を向けるように時間を過ごしました。

私は死に緊張していましたが、神経質な方、gagaミラノなおさら明確後ろ呼吸。私の手は無意識のうちに、胸をブロッククロスだけ若いマスターが以前のように道を作ることを願っていますが、今回は私が間違っていた。私はもっ​​ともっと重い呼吸、足音を聞いた後、彼は後ろから抱きしめた。

“くそー、私は興味のあるポイントを獲得したい…”
第56章紛争の屋根
若いマスターと屋根の上に再び私は、屋根は空ではありません、さらに屋根裏多くの人に立ったとき。もともと騒々しいシーンは、私が階段まで周り若いマスターアームだったときに、急に静かになった。

すべての私たちの目は奇妙であることを確認するには、彼らの目は、私たちに完全なグルグルと、私の唇と首で停止し、いくつかの鋭い目の視線を置く。私は口紅を拭いていますが、スカーフは首に残っているが、唯一、さらに何かを隠そうとしている。

“数年がなくなって、チューシウ少し美しさより美しいああ!”この人は非常に精通している、私が見ているは​​ずですが、見たところ覚えていないことができます:大声で笛は人に群衆から出て鳴った。

おそらく言うことは悲しいふりをし、その人が変な顔をした、私の目の困惑した目を参照してください: “ああ、私は少しの美しさを覚えている、美しさは、私が忘れて混乱して!”

“地獄の子供たちが行く!”

“ああ、私たちの数は、まだそのような長い時間、と言う、あなたはまた、任意の怒りを排除する必要があり、ああ、どのようにそんなに怒り?とにかく、我々は急いでいない、我々は待つことができます!”激しいウインクを話すとき他の人が彼のHuazhongyouhuaのように感じることができないことを恐れている。 “ああ、いい、私はロール、私はロールそれにはありません!”

彼らは群衆のディスカバリーの目を通して私の若いマスター腕周り、道路から抜け出す、と私は群衆の中を通って下に向かうとき。すべてがちょうどここに起こったので、私とマスターは、外側に向かってきた、私はいくつかの足が弱いと感じたここまで歩いた。我々は最終的にたった一人の目の前で停止した場合、この人は私が覚えていないことができます – ルイコスタリカ。

行くにはビールの瓶を手伝って! “マスターは、高温多湿の呼吸と深い声は私がバスルーム、かゆい耳、しびれ、体の半分にだけすべて思い出してみましょう私の耳の中で述べている。私の反射ちょっとしたトリック、マスター鋭い観察から隠された。彼の上向きの口は、 “バックで取った、それらについて気にする必要はありません!”

私はうなずいて残しました。彼らが持っているか知っていることは私には聞かせて言うことは便利ではありません。まだ私はビールのボトルが終えることができるようになりましたが、ほんの数ステップを発見した後、簡単な言葉が戻ってする方法と思うだろう、それが上がることは非常に困難である。

注目の探査若いマスターの周りの誰も、それ以上の悪徳を伴って、それらのいくつかは、これらの女性が私に落ちたの目に女性の仲間と一緒にはならないので、は、非常に友好的である。

郭、彼女はあなたが言うことですかまたどのようにああ、時計 ガガはそれはまだあるのでしょうか?どうかあなたはとても自信がないとなったときかあなたは成熟した美しさです少女パーになるだろう?明介護が、現実に皮肉の声が来た。

私は自分の道がブロックされたので、立っていた辞任、ため息をついた。私は誰も知らない見上げた。

“蘇雪非常に若い年齢では、可能であれば!あなたどれだけああ?カバーをカバー?行うための勇気をふさがないでください!”スカートと同じ色の彼の首のスカーフ巻い次に二つ目は、積極的にそれをプルダウンされている。私は目を閉じて、私は群衆の吸入の音を聞いた。

私はとてもため首以上、さらにはこれらのトレースの大小の痕跡のスカーフ包まれた首とスカートブロックに延びており、場所を参照してください。これらは、現在の視線にさらされている。私はいくつかの女性が笑っ聞いた。ているかのように私は、みんなの前に立って着るしませんでした。

私は私の目の前にだけ立っていても、私は彼が立ち上がることを願って、見て私の目を開いて、過去に私を引っ張っても、若いマスターの言葉を言う必要はありません。しかし、彼は、彼はただそこに立っていた、彼とルイコスタリカ話すがありません、ここで見ているしませんでした。

私は少し絶望的です、オリジナルは、最終的に、私はすべてに直面して私自身の、自分自身に依存しています。おそらくそれは、このシーンが本当にそれをしたい若いマスターです。

“出て行け!私はビールを取りに行くしたい!”私は無表情で、私の目の前に立って郭を見て頭を上げた。

“私はそれはあなたが生きるために地下室に殺到どんな厄介!チューの少ないあなたを引っ張ってみましょう場合は、クロスを横断する必要がありますか?”

“私は言った、出る!”

ここで私たちを見て周りに誰も、いくつかの女性が望んではガガミラノ レディース彼はしっかり引っ張ら人間に彼らと私のものだった知って身を乗り出した。

たぶん、 “デッド女の子!”若いマスターですが、移動するには、郭手に勇気を与えた、彼女は私の顔に平手打ちを与えるために準備ができて彼女の手を持ち上げた。

彼の言葉に耳を傾ける方法が

今夜。私たちの西洋休日以上の学校が、ここでの研究はもちろんのことだけでなく、他の学校では、裕福な家庭の子であることを、多くの親は、外国貿易やインポートおよびエクスポートのビジネスをやっているわけではないので、このクリスマスは誰もが本当にありましではないかもしれないが、パーティーや無害を行うこと。

  最近、私は先生に直面して、強烈な学習パソドブレを持って日が励ましを残し、Fuはプレーのレベルを超え、一部であっても、シニカル魏、実際には、10日間という短い期間で大きな進歩を遂げている教師の葉のように超硬多くのアクションを行うことができますが、ダンスは基本的にいくつかの簡単なヒントはまた、いくつかのアクションを行うことができますマスターしていない。私はそんなに私はクリスマスパーティーの事を忘れてしまったと言いたい、私はこの問題の公演を忘れる必要があります。昨日まで、自宅で女性は私をブロックされ、私は失礼な目覚めを持っていたものプログラム報告する私に尋ねた。

  ”私は自分の名前を呼ばれたとき、あなたはどのようなショーのように、ステージに行くために私を与えるために持って、あなたが把握することができ、気にしない!”

  彼女は私に最後通告を与えたが、私はちょうど私が準備されていないことを意味するものではありません、忘れてしまった。私を倒す、そうではありませんか?

  しかし、今、私は最終的なちらしを見たとき、私はおかしくなりそうだ。私は、彼らが意図的に私と一緒にトリックを知っている、と私は彼らが私に問題を与えることを知っているが、私は本当に彼らがとても冷酷になるとは思わなかった。私は明らかにソロ “クレールドリュヌ”を報告して、私は上記のピアノの音楽に判明したリストを取得する。

  私の神は、私が、バックダウン楽譜を持っている爆弾をどもりながら、しかし私は教師と生徒の前で演奏させたり、単に私を殺す!

  ”何?これ以上の質問?”

  学生組合、ほくそ笑んでの外観の事務局長で私にちらし、彼女は私がプレー見て待っています!

  ”ピアノ演奏を変更する方法を明らかに私のダンスで、?”

  ”それはありますか?私が受けている、知らないあなたがそうあなたの特別な ‘アイデンティティので自分で準備、ピアノ音楽を実行することで、あなたのショーはフィナーレであり、我々はそれを実行することを楽しみにしている!”

  彼女の傲慢な笑顔を見て、私は彼女の口と顔外出タックの手のリストを引き裂くのを待つことはできません。しかし、私はそれをしなかった。あなたは私がそれを再生表示したくないことを、私は彼らのように、それに直面して失う見たくない!

  フー泉魏 – 私は私を慰めるための最初のものを考え、私の人々八尾加加を慰めるために、しかし、それは彼だろうとは思わなかっただけです。女の子はただ行く、彼は現れた。

  ”最終的にはどのように問題か?”

  私はシングルは彼を手渡したプログラムの手になります: “私はダンスが、彼らは私のジョークを見てするために、ピアノ演奏に私を数えたことを報告した。”

  ”クレールドリュヌ”?ああ、残酷な、それは彼らがあなたが彼の心を笑って見てみたいと思われるこれは最初の爆弾が戻って、光スペクトルの曲じゃないの再生できるようになりません! ”

  ”ええ、私は知っている、楽譜は、私がダウンしてバックアップしなければならないでしょうが、それはスムーズなシェルではありません。”心が ‘私はとしてイメージングライオンしない’、追加されています。

  ”さて、あなたはどのようにお考えですか?

  ”しかし、また考えることにする方法?彼らは確かに私は踊ることを選択させない場合は、私はCDまで払うと思いますが、私は唯一のピアノを入れてのステージの外に置かれてはならない、早ければ、それらを追加しましたしたかった、私は過去に混在させない、不名誉it! “私は肩をすくめていないことが、重要ではありませんので、無関心を行う。実際には、単に人々の目の前に心のケアの死は、マスターではありませんので、私は彼が私の心を見てみましょうことができないライオンではありません。

  フー泉魏は目で私を見つめていた: “あなたが考えてもよろしいです、恥ずかしいですし、何を気にしない?”

  私はもはや彼の目、重いうなずきを避けるん: “はい!”

  ”私はあなたがここで私を待っていることを理解する!”すると、ままに回す。

  私は彼がやるのか知りませんが、コメントはありませんではなく、彼の言葉に耳を傾ける方法が、この小さいの、私を気にする口実があったので、彼を聞かせたくない。

  努力しながら少し、彼は息を切らし、背中走り、赤色のものを渡した: “クイック、を置くために”

  私は、唯一見つけるためにジャンプパソドブレの衣装であっても衣装、鮮やかな赤いスカートを、それを取った。

  ”?パソドブレとあなたがジャンプくれましょう?”私は不信の外観。

  ”顔を失うと私はパソを飛び降り、あなたが選ぶ!

  馬鹿は恥ずかしい選ぶでしょう。私は愚かなのですか?もちろん答えはノーです。私はすぐにこの当事者としての服を変更するためにロッカールームに捧げました。 Huanhaoyifuはドアで良い板が作られた後、自分自身に強く、情熱的なメイクを与えるために、フー泉魏側に戻さを待っています。

  ”あなたはあなたを困らことを恐れていないですか?”

  ”私には、私は怖い!しかし、これはあなた自身のためである